研究室/進学希望者へ

大学院への進学を考えている方へ


吉浦研究室の大学院は2005年に開設し,これまでに38名の学生を受け入れました.卒業生の進路は主に情報通信業界ですが,家電や光学関連、放送局、銀行、就職関連の業界もあり,職種も研究職から海外事業企画まであり,様々な分野に進んでいます.

吉浦研究室は,現在卒研指導をしている4年生だけでなく,他大学,他学科の4年生を歓迎します.吉浦研の研究テーマは,「情報セキュリティ(安心と安全の科学)」です.安心と安全は,太古の昔から望まれてきた人間存在の基本概念です.IoTや知能技術などの発展に伴い,これらの技術を使って家庭や学校などの日常生活,社会生活をより安全にしたいという要求が高まっています.また,公平,信頼,プライバシー,アイデンティティ,面白さなどより広い概念まで対象とするように広がってきます.

安心・安全な情報処理を基礎としますが,これに加えて,安心と安全に関する社会科学的な分析,情報セキュリティを用いて物理世界を安全にする技術,物理世界のセンシングを通じて情報セキュリティを向上する技術,人工知能・認知心理学的なアプローチを含みます.

 ここ2,3年の研究テーマ例

快適で安心できるネットワークコミュニケーション

  • ソーシャルメディア(Twitter, Facebook, Youtube)における楽しさとプライバシー保護の両立
  • 匿名ユーザを特定することで、プライバシー侵害の危険性を証明

データベースセキュリティ

  • 暗号をかけたままで任意の検索が可能なデータベース
  • 個人情報に暗号をかけて保護した状態で任意の統計を求める技術

ビッグデータの有効活用と保護

  • 無線LAN基地局を通じて収集した数100万人の位置情報や移動履歴の分析
  • 移動履歴の匿名化

行動やサービスから、隠された計画やスケジュール、さらに背後にある秘密情報の推定

基礎技術

  • 暗号状態で情報処理を行う秘密計算
  • 個人を特定する機械学習
  • 個人の特定を防止する匿名化

具体的な研究紹介

 研究指導方針

(1)研究テーマの発見

学生の資質に合った良い研究テーマを見つけることが一番重要と考えています.良い研究テーマとは,以下の条件のうち少なくとも1つを満たすものです.

  • 学術性:新しい真理の発見につながる
  • 実用性:役に立つ技術につながる
  • 萌芽性:将来面白い発展がありそうな予感がする

良い研究テーマを見つけるために,教員,先輩,本人の間で様々な角度から議論します.また,文科系を含む他分野の専門家,企業の現場の人達と意見交換をします.自分でアイディアを出し,自分でテーマを見つけるように指導します.

(2)外部との交流

テーマ発見時に他分野や企業と交流するだけでなく,テーマ決定後も絶えず外部の人達と交流し,幅広い視野で研究を進めるようにします.また,国際会議,国内の学会,企業の研究会などで研究成果を発表し,参加者と意見交換をし,友達になるようにします.ここで見つけた友達とは一生の付き合いになるかもしれません.

(3)成果を形にまとめる

いくら良い研究をしても,成果を形にまとめることができなければ社会で評価されません.そこで,研究成果を,学会発表,論文,展示会のデモなどの目に見える形にまとめるように指導します.

 卒業後の人物像

研究能力や知識を身につけ,卒業後に生かすことで,社会人として楽しく活躍してほしいと思います.研究能力や知識を直接生かすだけでなく,研究を通じて身につけた以下の能力を生かしてほしいと思います.

  • 良い研究テーマを見つける能力は,職場において良い企画提案をする能力につながります.
  • 外部との交流は,他分野の人と交流することで自分を大きくする能力につながります.
  • 成果を形にまとめる努力は,評価される人物につながります.

なお,「安心と安全の科学」を研究することで,ネットワークとプログラミングの基礎は自然に身につきますので,これらも生かしてほしいと思います.

 卒業後の進路実績

具体的な進路については
研究室/卒業生の進路
を見てください.

主に以下の進路に進んでいます.

  • プロの研究者:在学時の研究を生かしています.
  • ITの企画,開発:在学時の研究および,研究を通じて身につけた企画力,交流能力,成果まとめ能力,およびITの知識,技術を生かしています.
  • 金融リスク管理などの他分野:在学時の研究を通じて身につけた企画力,交流能力,成果まとめ能力,およびITの知識,技術を生かしています.

安心と安全は,社会的ニーズが極めて大きく,求人も多いです.そのため,自分が望めば,安心と安全に関係する分野に就職し,在学中の研究を生かすことができます.その場合,別の分野から来た人に比べて,能力,知識,人脈の点で有利なスタートとなります.

 吉浦研の特色

  • おしゃべりな学生が多く,教員も話し好きなので,研究のこと研究以外のことをよくしゃべります.昼はお茶とお菓子,夜はビールが話を盛り上げます.
  • 卒業生とのつながりが強い.研究室の飲み会や合宿に卒業生が参加することが多く,色々とアドバイスをもらっているようです.
  • 研究者になる人が多い.過去5年間で7名が研究所に就職し,3名が博士課程に進学しています.
  • 安心と安全の関係分野に進む人が多い.在学中の研究・勉強を生かしている人が多いようです.